【3Dプリンター】kaikaノズルはEnder-3 S1 / S1 Proでも使用可能!

3Dプリンター
この記事は約4分で読めます。

3Dプリンターの日本製精密ノズルといえば テクダイヤの “kaika”です。

kaika shopより

0.4mm径で価格は\4,000ですが「ノズル起因のトラブルに掛ける時間が買える」と考えれば決して高くはありません。

kaikaはこれまでのEnderシリーズでの使用はもちろん可能ですが、Ender-3 S1 / Ender-3 S1 Pro ではノズルが改良されたため、使用できるかが不明確でした。

【予約製品】 Ender-3 S1 FDM 3D プリンター
CREALITY公式


今回私はリスク承知で実際に購入して確かめたので、その結果をシェアします。

結論:kaikaはEnder-3 S1 / S1 Proで使用可能

結果から言うとEnder-3 S1 / Ender-3 S1 Proにてkaikaノズルは問題なく使用できました

購入したノズルは以下です。

  • kaika802:0.2mm径 Enderシリーズ用
  • kaika804:0.4mm径 Enderシリーズ用

Ender-3 S1に付属していたノズルとの比較が以下です。

外形サイズはほぼ一緒

六角部も同寸のため、交換も付属していた工具を使用できます。
ネジの長さは若干違いますが、全長がほぼ一緒のため最後までねじ込んでしまえば問題ありません。

Ender-3 S1にkaika804を装着した

付属のシリコンカバーも問題なく装着できます。

注意点:ノズル交換後は再レベリングする

kaikaとEnder-3 S1純正ノズルはほとんど長さが同じですが、やはり交換時には隙間調整が必要です。

ノズル先端と造形テーブルを接触させたくないため、「Z軸補正」を調整したところから開始することをおすすめします。

「Z軸補正」は純正ノズル使用時から+0.2したところから開始する
 電源ON → 準備 → Z軸補正

例えば交換前が-2.28なら-2.08から隙間調整を開始する

しっかりと調整できればkaikaはその性能を遺憾無く発揮します。

kaikaノズルでの調整結果

調整にはステンレスのスキマゲージを使用しています。

もしよければ以下の記事も参考にしてください。

公式でも確認済み!Ender-3 S1 / Ender-3 S1 Pro は kaika8 が適用

すでにテクダイヤ社長の小山さんの確認結果がこちら!

「改造は自己責任でお願いします」とのことですが、私は今のところ全く問題なく使えています。

Enderシリーズを扱う有名代理店のサンステラさんのコメントです。

Amazonで購入可能

kaikaノズルはAmazonで購入が可能です。

以前は公式サイトのみの販売だったので、とても購入しやすくなりました。

ちなみに公式サイトもAmazonも、価格は一緒で、

穴径0.4mm

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

穴径0.2mm

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

他にもEnderシリーズ用として 0.1 / 0.15 / 0.25 /0.3 というラインナップがあります。

しかし、細いノズルに挑戦されたい方は、穴径0.2mmがオススメです。

0.2mmがおすすめの理由
  • 0.3mmは、0.4mmとの違いが小さい
  • 0.1mmは印刷が難しく、上級者向け

ノズル新調で品質と安定性をUPさせ、3Dプリンターライフを楽しみましょう!

Ender-3 S1 / Ender-3 S1 Proのレビューもしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました